訪問診療の医師求人特集 ※お気に入りの求人が見つかる!

TOP >> 人気コンテンツ >> 無床診療所の求人をお探しの医師の方へ

無床診療所の求人をお探しの医師の方へ

診療所は大きく分けて2種類に分類できます。有床診療所と無床診療所です。有床診療所はベッドがあり、入院患者を受け入れることが可能です。無床診療所にはベッドはなく外来の患者の診療だけができる診療所を指します。日本にある診療所は、99000以上あるのですが、その中でも無床診療所が88000以上を占めています。つまり日本にある診療所の大半は、無床診療所になるわけです。

現在日本で活動している無床診療所を見てみると、大きく2つのタイプに分類することができます。一つは開業医で、地域の医療を長く行っている無床診療所です。そしてもう一つはビルで開業しているような診療所です。開業医の場合、地域密着型のクリニックが多く、院長は世襲で代々の医師であることが多いです。このため、何代にもわたって同じ診療所で、医療を受けている人も多いです。後者の場合比較的新しいクリニックが多く、かかりつけ医の機能を持っている所もありますが、どちらかというと特化して医療サービスを提供している所が多いです。眼科とか皮膚科など、特定の診療科目の治療を行っています。

両者の無床診療所とも、訪問診療を行っているところが多いです。地域密着型の開業医の場合、午後を使って訪問診療を行っている傾向があります。また夜間に容体が急変した場合でも、自宅が近くにあることが多いので比較的簡単に医師がつかまります。このため、緊急の案件でも比較的フレキシブルに対応してくれるケースが多いです。

後者のビルで開業している無床診療所の場合、自宅から都心部にそれなりの時間かけて通勤して働いている医師が多いです。このため、診療時間内であれば訪問診療も行ってくれます。しかしそれ以外の特に夜間の診療となってしまうと、なかなか医師をつかまえることができないので、緊急事態の対処が後手後手に回ってしまうことが多いです。

もし訪問診療がしたくて転職を検討しているのであれば、開業医タイプの診療所で求人募集が出ていないかどうかチェックをしてみましょう。そうすれば、より患者と向き合って訪問診療ができるのではないでしょうか?しかし、開業医タイプの診療所の場合、複数の医師を募集していることが少ないです。自力で求人情報を見つけるのは難しいかもしれません。そこで、医師の転職サイトを活用してみましょう。転職サイトには、転職エージェントがいるのですが、豊富な案件を抱えています。このため、開業医の無床診療所で医師の求人を抱えている可能性も期待できます。

>>訪問診療の医師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 訪問診療の医師求人特集 ※お気に入りの求人が見つかる! All Rights Reserved.